テープ起こしのお仕事

テープ起こしのお仕事

テープ起こしで在宅のお仕事

テープ起こしで在宅仕事をするには、何通りかの方法があります。
一つ目は、前職からのつながりや紹介で、編集社などから直接依頼を受けて仕事を行う方法です。
テープ起こしを必要とする職場で働いていた延長で在宅仕事をする形になりますので、求人等は公開されず、まったく縁のない人は依頼を受けられません。

二つ目は内職の斡旋を行う業者に登録し、仕事が入り次第作業を行う方法です。
いつ仕事が入るかわかりませんが、仕事が入ると2日ほどで提出しなければならないため、勤務時間が設けられており、連絡が取れてすぐにパソコンに向かえる人という条件をあげている所が多かったです。
三つ目はインターネットのクラウドソーシングのサイトに登録し、案件があがっていたら作業するタスク形式と、公開されている依頼案件に沿って見積りと提案をして、案が採用されると契約を結び、作業するコンペ形式という方法があります。
いずれも依頼案件が少ない代わりに、高評価されると指名で仕事がもらえる可能性が高いです。特に、医学系やスポーツ系など、専門用語に特化しているジャンルがあればアピールしておくと、他の人と差別化できます。

在宅でできるテープ起こしの仕事

同じ主婦であっても、状況が許さずにパートタイムで働くことすら難しい場合も多いです。収入面でも不安が出てきますし、社会との接点を失ってしまうという状況が長く続くと、将来の再就職も難しくなってきます。そのようなことを防ぐためには、家に居ながら働き続けるという事も検討する必要があるでしょう。
在宅でできる仕事として、最近はテープ起こしに注目が集まっています。会議や講演などの記録を文書で残していくために必要な仕事です。以前はテープがほとんどで、再生するために専用の機械などが必要でしたが、今は動画を使うことも多く、パソコンがあれば作業ができるというテープ起こしの仕事も多いです。在宅で仕事をするとなると、わからないことがあっても周りに聞くということが出来ません。
そのため、基礎について講座で勉強をする方も多いようです。場合によっては研修費用を搾取するだけで仕事を紹介しない業者もいるようなので、そういった業者を避けて信頼できるところと取引していきましょう。

Valuable information

ダイエット 麻布十番

Last update:2018/11/30