テープ起こしのお仕事

テープ起こしのお仕事

テープ起こしバイトのメリットとデメリット

テープ起こしのバイトにはメリットとデメリットがあります。
まずメリットとして、在宅が可能だということです。依頼者から送られてきた音声を自宅で文字におこし、依頼者へ送ることで報酬を得ることができます。一人で作業をするのが好きな人や、子育て中で外に働きにでられないというような方には助かります。また、特別な資格を必要としないので、ワードの能力があればすぐに始められる内容の仕事もあります。

次に、デメリットは大変な作業だということです。ただ単に、音声をそのまま文字にすればいいというわけではありません。より分かりやすい文章にするために、不要な言葉を省いたり、内容は変えずに標準語になおしたりする作業もあります。また、音声も話している人によっては聞きづらいものもあります。このように大変な作業な上、速さを求められたり、単価が安かったりすることもあります。
テープ起こしのバイトは、これらのメリット、デメリットの両方を理解したうえで行うのがおすすめです。

ちょっと変わったバイトであるテープ起こしのお仕事

テープ起こしのバイトというとちょっと馴染みがないかもしれませんが、たまにメジャーなアルバイト求人広告でも募集されているお仕事です。
何かの会議や収録の際に録音された音声データを受け取って、パソコンで再生速度や再生、一時停止を自分で好きに調節できる音声ソフトを使って、そこに入っているセリフを、誰が、どのように言ったかなどの形式で文章に起こしていくのです。日本人の日本語同士の会話のみならず、会話が外国語であったりする場合もあります。
何と言っているか聞き取りづらかったりする部分がどうしてもあるもので、細かいところまできちんと文字に直そうとすると、同じところを何べんも繰り返し巻き戻して再生ということを続ける必要があります。そのため、音声データ自体は一本10分くらいであったとしても、作業時間としては全体で2・3倍の数十分が必要と見ておく必要があります。
一般的なバイトと同様に企業に仕事しに行くスタイルの募集がかかる時もあれば、自宅パソコンにソフトをインストールして在宅で行う形のテープ起こしもあります。

recommend

サッカーユニフォーム レプリカ

2018/11/30 更新